アメトリン (Ametryn)

blog039

アメトリンのご紹介です。

南アメリカ大陸の中央部に位置する、ボリビア共和国のアナイ鉱山が世界で唯一の産地であるアメトリンは、

アメシストとシトリンが混ざり合った、 一つの石の中に紫と黄色が混ざり合った非常に魅力的な色彩を持つ石です。

アナイ鉱山はアメトリンだけでなく、高品質な水晶やアメシスト、シトリンの産地としても有名な鉱山になります。

天然の高品質のアメトリンは極々限定された条件下でしか生成されないため、産出量が少なく希少性があります。

blog044

アメトリンの歴史は比較的新しく、1920年頃から発見は伝えらていたものの、

流通し始めたのは1970年頃だといわれています。

アメトリンの中にあるシトリンとアメシストは、もともとは同じ石でした。

天然シトリンは変化前のアメシストのことを指し、アメシストが時間の経過、

自然の熱によって加熱されることで、シトリンへと変容してきます。

アメシストがシトリンに変化していく様子を表したのが、アメトリンになります。

結晶系は六方晶系で硬度7のクォーツの仲間の一種で、見た目の黄色と紫色の色彩から和名では、

紫黄水晶と呼ばれています。

温かな波動で心を穏やかに保つ沈着なアメシスト。

困難に打ち勝ち明るい未来と幸福をつかみ取る陽気なシトリン。

2つの陰と陽の性質を組み合わせにより、アメトリンはバランスや調和を象徴しており、

あらゆるもののバランスを整え調和させるパワーがあります。

緊張を解し、迷いや悩みを解消して精神状態を浄化して平穏に静め、

また気持ちを開放的にしてくれますので、社交的で円滑な人間関係が築けるようになるでしょう。

アメシストとシトリンの特性を持っている為、ヒーリング効果も強く、眉間の第6チャクラを活性化させ、

精神面の成長を促し直感や思考力を鍛えくれます。

浄化方法としては、水、月、お香、水晶クラスターが適しています。

熱や光に弱いという性質を持っているので、直射日光の強い場所に置いたり、

長時間の外出で日光にさらしすぎてしまうと、変色してしまう可能性があります。

blog040 blog041 blog062blog042 blog043

当店でも、透明度が高く高品質なアメシストをご用意しています。

是非、一つとして同じものがない、自分だけのアメシストを見つけてみて下さい。

http://crystalelementstone.com