ラリマー (Larimar)

blog011

ラリマーのご紹介です。

名前の由来は、1974年にドミニカ人の宝石商ミジェール・メンデスが、

太陽がきらめく美しい海のような色合いを持つ石を、

娘「ラリッサ」と海を意味するスペイン語の「マール」を組み合わせて「ラリマー」と名付けられたと言われています。

比較的新しい鉱物であり、カリブ海に浮かぶドミニカ共和国のみで産出されることから、

埋蔵量が少なく、希少性が高い天然石になります。

正式な鉱物名は「ブルーペクトライト」と言います。ペクトライトは白・黄・緑・青・ピンクなど様々な色がありますが、

涼やかな深い水色の綺麗なものだけドミニカ共和国だけで産出され、ラリマーと呼ばれ宝石となります。

産出国であるドミニカ共和国では、古来より「ドルフィンストーン」として慕われてきました。

日本でも「愛と平和の守護石」として、大変人気の高い天然石となっています。

blog061

ラリマーは曹灰針石の一形態であり、硬度4.5~5のナトリウムとカルシウムの珪酸塩で形成されています。

青空浮かぶ雲のような白色に、カリブ海の涼やかなエメラルドグリーンの海をそのまま映し出したような模様は、

見るものの心を爽快な気持ちにさせる美しさです。

スギライト、チャロアイトと並ぶ世界三大ヒーリングストーンの1つであり、

どこまでも青く広がっていく美しい海のように、

誰であろうとも分け隔てなく優しく迎え入れる愛と平和を象徴する天然石です。

この石自体のエネルギーはとても優しく、大らかで穏やかなものなので、どのチャクラに対しても恩恵をもたらす石です。

創造性やインスピレーションを高め、流れに任せて進むことを促し、落ち着きと均衡をもたらしてくれるでしょう。

心の奥に隠された怒りの感情をしずめ、素直で優しい言葉や態度を引き出し、

豊かな人間関係を導いてくれると言われています。

浄化方法として、クラスター(水晶)や月光、お香による浄化が適しています。

blog008blog009
blog060

blog010
blog059

当店でも碧い空と海の色を持つラリマーをご用意しています。

是非、一つとして同じものがない、自分だけのラリマーを見つけみて下さい。

http://crystalelementstone.com