4年目の今日

2011年3月11日(金)14時46分

この日のことをみなさんはどんな風に振り返りますか?

ぼんやり思い出す。帰宅難民になった。絶対に忘れたくない日になった。失ったものがある。

それぞれの想いがあるかと思います。

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)はわたしにきっかけを与えてくれました。

続きを読む


月と鉱物

 

35ea39a661a34492c1014ad6ce838f84

こんばんは

今日は、月と関わりのある石をご紹介したいと思います。

明日は、満月です。みなさんは、月のリズムを意識して生活をしたことがありますか?

わたしたちの身体が月の満ち欠けと関係あるように鉱物にも月と関わり深いものがあります。

続きを読む


3月の始まり

blog031

今日は誕生石について書いてみようと思います。

みなさんは、誕生石を意識したことがありますか?

誕生石の起源は占星術や地域説など諸説あるようですが

聖書に文章として明確に記載されています。

続きを読む


trip at India

 

IMG_1711

 

石の買い付けのためインドへ行ってきました。

石屋さんは、お客さんを家族のように迎えてくれます。

「Feeling your home.」と、何度も言ってくれます。

そして、ホームメイドのチャイを出してくれます。

そんなアットホームな空気に包まれながら、たくさんの石と向き合うのです。

どんな石と出会えるかわくわくしながら・・・

続きを読む


身近な鉱物

001

今日では願いを叶えたり健康をもたらすとされるパワーストーンという名称で多くの人に親しまれている鉱物ですが、

古代から人々は「夢を叶えたい」「幸せになりたい」などと、名声、健康など様々な思いを鉱物に託してきました。

続きを読む


買い付けへ

1239471_4684262083086_1135608672_n

今日から買い付けのためネパール、インド、タイへ行ってきます。

今回の買付けでも、どんな良い石や素材に会えるかいまから楽しみであります。

日本との温度差があるので、服装などしっかり準備して訪れたいです。

短い期間ではありますが、いい景色や食べ物、人と出会いながら、楽しい買付けの旅にしたいと思います。

当ブログの方でも、工場や石屋などの買付けの様子や現地の風景などを紹介していければと思っております。

crystalelementstone.com


ラブラドライト (Labradorite)

1
ラブラドライトのご紹介です。

ラブラドライトの語源は、1770年にモラビア教徒の宣教師たちが、

カナダのラブラドール半島で発見し、彼らが地域の名称にちなんで名付けました。

比較的歴史の浅い石ですが、発見後まもなく世界最大の博物館の一つである大英博物館に所蔵され、

この石の神秘的な容姿に世界中の鉱物学者が注目したといわれています。

ロシアとノルウェーでこの石が発見されたことにより、ヨーロッパでは18世紀及び19世紀に人気なものとなりました。

グレーやくすんだ緑色の地の色から、光をかざすと、

見る角度によって色彩を変える独自の輝きをラブラドレッセンスと呼ばれています。

オーロラの光を封じ込めたような艶やかな光が特徴です。

ラブラドライトの虹色に光る原因は、鉱物内に平行な金属鉱物が薄い層となって繰り返し発達し、

その層の境界で光が分解されてあの美しい虹色になっているそうです。透明度の高いものは特に美しく珍重されています。

また、フィンランドで産出される高品質のラブラドライトは、

スペクトロライト(分光石)と呼ばれて高い人気を誇っています。

2

和名では曹灰長石と呼ばれ、硬度6~6.5の斜長石の一種になります。

結晶系は三斜晶系で、通常は複合体の疑集体の形状をしています。

結晶のサイズは、数ミリから数メートルまで幅広く、多くが多色の色彩を示します。

サンストーン、ムーンストーン、ラリマーなど、他の大半の長石と調和します。

3

「月と太陽」を象徴し、陰陽の波動をどちらも併せ持っています。

月のような静かな波動で直観力や洞察力を与え、太陽のような温かな波動で実行力を養い、

陽気さを与えてくれるといわれています。

神秘的な輝きは銀河系の惑星から宿ったと言われ、創造性を高めてくれる石です。

この意識は健在意識よりも潜在意識や、もっと深い魂のレベルに強く働きかけます。

その果てしなく壮大な宇宙空間に広がる神秘のエネルギーが、

人間の意識レベルを超えた鋭いインスピレーションをもたらし、

直感力・洞察力・創造性を高めてくれるでしょう。

魂の成長を促すことで抑圧された感情を解放し、今を生きる力を引き出してくれます。

ヒーリング効果が強力とされているので、ネガティブなエネルギーを除去するのにも有益な石で、

ストレスや悪いエネルギーからの要因で起こる精神的な損傷に対しても素晴らしい癒しを施してくれます。

大きな変化や人生の転機には、意識改革を促す効果もあります。

チャレンジや新規開拓に不要な既存概念や固定観念を取り除き、

集中力や忍耐力をサポートし、目漂達成に必要な力と勇気を与えてくれます。

浄化方法としては、日光浴や水晶クラスターでの浄化が適しています。

74 5 6

当店でも、透明度の高いラブラドライトをご用意しています。

是非、一つとして同じものがない、自分だけのラブラドライトを見つけてみて下さい。

crystalelementstone.com


ラピスラズリ (Lapis lazuli)

001

ラピスラズリのご紹介です。

ラピスラズリのラピスはラテン語で「石」を意味する”Lapis”、

ラズリは「青」や「空」を意味するペルシャ語の”lazward”が語源になります。

深い群青色は”夜空”を、散りばめられた金色は”星”を表し「天を象徴する石」として崇められていました。

民族を越えた名前のとおり、紀元前5000年頃から聖なる石として親しまれ、

世界各地の伝説や説話に数え切れないほど登場する、世界で最初にパワーストーンとして認識された石といわれています。

エジプトでは最高の力を秘めた護符として、黄金に匹敵するほどの価値を与えられることもありました。

ツタンカーメン王の黄金マスクにラピスラズリが使われ、

当時のままの美しい金と青のコントラストを見ることができます。

17世紀に活躍した画家フェルメールが、有名な「真珠の耳飾りの少女」が頭に巻くターバンを描く際に、

顔料としてこの石を使っています。

日本でも、仏教の世界では極楽浄土を飾るとされる『七宝』のひとつ『瑠璃』と呼ばれ、

真言宗の開祖、空海は瑠璃を守護石としていました。

006

和名では青金石と呼ばれ、12月の誕生石としても有名なラピスラズリ。

結晶系は等軸晶系で硬度5~5.5のクォーツの仲間の一種です。

ラピスラズリ特有の濃い青色は、結晶内部に含まれる硫黄のマイナスイオンです。

また、内部に含まれる微量物質によって、色合いに微妙な変化が生まれます。

007

この石は知的能力を高め、脳の働きを活性化し、直感力・洞察力を養ってくれます。

鮮やかな群青色と表面に散る黄金色の斑点に、人々は宇宙を想像し描きました。

多くの芸術家達がラピスラズリを絵画に使用してきたように、感性を高めたい方や、

潜在的に眠る能力を開花させたい場合などに用いると良いとされております。

そして、「第三の目」のチャクラを刺激し、直観力と創造力を高め、

新たな情報を言葉よりもイメージでマインドにもたらすでしょう。

邪気を退けるパワーをもちますが、外部からの邪気だけでなく自身の心の邪念も退けるといわれます。

心にある誤った考え方を正し、判断力を高めるため、進むべき道に迷った時などに身につけると良いでしょう。

浄化方法としては、月光浴や水晶クラスターでの浄化が適しています。

005

004

003

002

当店でも、色鮮やかな群青色のラピスラズリをご用意しています。

是非、一つとして同じものがない、自分だけのラピスラズリを見つけてみて下さい。

crystalelementstone.com


2015年謹賀新年

blog_2015

明けましておめでとうございます。

昨年はご愛顧頂きまして誠に有難うございました。

crystal elementstoneというお店に関わってくださった方々、

たくさんのお店の中から当店を訪れていただたみなさまに、

この場をお借りして御礼申し上げます。

今年も一点一点直接目で見て選んだ質の高い様々な種類のルース(裸石)や、

水晶、原石の魅力ををお伝えし、みなさまと共感出来ればと思います。

当ブログでも買い付けの様子や日常の出来事、

InstagramFacebookページなどのSNSでも商品の紹介をしておりますので、

そちらの方も覗いて頂ければとても嬉しく思います。

みなさまのご訪問を心よりお待ちしております。

crystal elementstone
http://crystalelementstone.com

 


ターコイズ (Turquoise)

turquise

ターコイズのご紹介です。

紀元前5000年以上前から、自然崇拝の石として世界中で愛され、多くの伝説を持つ天然石です。

英語では「turquoise」と言いますが、これはフランス語の

「pierre turquoise」(トルコの石)からの由来とされています。

和名を「トルコ石」と呼ばれることから、トルコで採掘されると思われがちですが、

実際にトルコからは産出されていません。

これは、ターコイズが中央アジアの鉱山からヨーロッパに運ばれる交易路がトルコを経由しており、

ベニスの商人がこの石をトルコの市場でよく購入していたことによります。

澄んだ空のような青色や、透明な水のような青緑、黒や茶色の葉脈状の模様など、この美しい色合いが、

自然の力を秘めているとして、古代からエジプトやアステカ文明、ネイティブアメリカンなど、

現在でも世界各地で好まれている宝飾品になります。

古代エジプトの紀元前5500年の墓からトルコ石のビーズが発見されています。

最も有名なものとして、ツタンカーメンの墓から発見された仮面です。

インカ帝国の財宝の中から装飾品に加工されたもの、古代アステカ・マヤ文明では邪を退け、

戦いの守護、旅人を守る石とされてきました。

そして、大自然とともに生きるネイティブアメリカンにとっては、

「ターコイズは空と海の申し子である」として、特別に神聖な存在であったと伝えられています。

その力は、古くから持ち主に色を変えて異変を知らせ、危険や邪悪なエネルギーから持ち主を守り、

割れて身代わりになるという伝承も数多く残っています。

blue

結晶系は三斜系で硬度5~6の銅とアルミニウムのリン酸塩鉱物の一種です。

12月の誕生石としても有名です。

「ターコイズブルー」という色の名前にもなっているように、この石独特のブルーが特長ですが、

薄い水色のものから、濃い青、緑がかった物、黒や茶色の葉脈状の模様があるもの、と実に様々な表情を持っています。

銅やアルミニウムを含むリン酸塩の岩石に水が作用したときに生成され、

銅を含むと青色に発色し、鉄を含むと緑色に発色します。

72163822

澄んだ空色を思わせる色彩のように、非常に明るいエネルギーをもち、ネガティブなエネルギーを払いのけ、

勇気と行動力をもたらし、積極性を与えてくれます。

ストレスが溜まり不安や怒りの感情が強くなった時や臆病になってしまう人には、蓄積したストレスを解消させる力で、

感情を穏やかに鎮め、大切な一歩を踏み出す力を貸してくれるでしょう。

トラブルや災難を回避したい旅行や交通安全のお守りとして、この石を身につける事により、

持ち主に近寄るマイナスエネルギーがあったとすれば、それを影響がない程度に軽減する働きを持ちます。

旅のお守り石としてだけではなく人生の守護石として身につけるのもお勧めです。

さらに、古来より友情の石として、人に贈り物として渡すとより幸せになれるとされる宝石です。

友人や恋人などの大切な人とケンカした後の仲直りに、この石を贈ると効用が増すかもしれません。

大切な方へのプレゼントとしてもお勧めな天然石でもあります。

浄化方法としては、太陽光、水晶クラスターでの浄化が適しています。

多孔質のため、水や化粧品などの、流水での浄化は避けて下さい。

72163569_o1

72164097_o4

72163946

72163569

72163946_o7当店でも、鮮やかな色合いが美しいターコイズをご用意しています。

是非、一つとして同じものがない、自分だけのターコイズを見つけてみて下さい。

crystalelementstone.com


シトリン (Citrin)

cytrin

シトリンのご紹介です。

語源は、この石の色合いが、柑橋系の果物である「シトエン」に似ていることや

フランス語で柑橘類を意味する「citron」に由来になっているなどとされています。

発見された当初、トパーズと似ていたことから、「シトリントパーズ」と呼ばれていました。

近年ではトパーズとは別種と定められ、「シトリン」の名称で多くの人に親しまれています。

最初に宝石として用いられたのは、ヘレニズム時代(紀元前4世紀の終わりから紀元前1世紀まで)のギリシャでした。

美しく輝く黄色が黄金を意味し、富と繁栄をもたらす「幸運の石」として、古くから大切にされてきました。

またこの色味から、サンストーンと同じく、古くは「太陽」のパワーを秘めた石であると考えられていました。

ネガティブな感情に陥りやすい人や、自分を表現することが苦手な人が身につけることで、

コミュニケーションを豊かで円滑なものにして積極性をはぐくみ、

希望や勇気などの明るいエネルギーをもたらしてくれるでしょう。

5e4515f5b1196cac7931c6cf6871f00f

和名では黄水晶と呼ばれ、11月の誕生石としても有名なシトリン。

結晶系は六方晶系で硬度7のクォーツの仲間の一種です。

自然界ではアメジストに近い場所で産出されるため、アメジストに関係の深いクォーツ鉱物です。

色は、クォーツの結晶構造に少量含まれる鉄分によるものです。

色合いは非常に淡い黄色から濃い琥珀色、オレンジにも近い色味を帯びるのもあります。

72216051シトリンはお金の循環を良くし、商売の繁栄とお金の循環を良くし、商売繁盛をもたらす天然石として効果的です。

確かな判断力で、仕事のトラブルを防ぎ、課せられた問題も処理していけるので、成功へ導いてくれます。

自分自身の意見がしっかりと持て、困難に打ち勝つ力が得られ、

前進するための努力を続けて、夢や目標が叶える手助けをしてくれるでしょう。

また、太陽のような力強く明るいエネルギーを持つので、希望や勇気を与えてくれます。

深い悲しみ、様々な緊張を取り除き、人との調和を生み出し、人間関係の改善に役立つと言われています。

ヒーリング力にも優れるため、仕事や勉強などでストレスが溜まったり、プレッシャーに押しつぶされそうなとき、

波立った感情をおだやかに鎮め、落ち着きと冷静さをもたらし、

蓄積したストレスをやわらげ、心身のバランスを安定させてくれます。

思考の高まる明晰さ、向上した創造力の扉を開く第2チャクラのための主たる石の1つであり、

最も無意識な人においてさえ、創造的な想像力のパワーを覚醒させることができると言われています。

浄化方法としては、水、月、お香、水晶クラスターが適しています。

熱や光に弱いという性質を持っているので、直射日光の強い場所に置いたり、

長時間の外出で日光にさらしすぎてしまうと、変色してしまう可能性があります。

72216092_o1

72216092_o5

72216051_o2

72216092_o6

72216051_o7
当店でも、透明度が高く明るい黄色のシトリンをご用意しています。

是非、一つとして同じものがない、自分だけのシトリンを見つけてみて下さい。

crystalelementstone.com


アメシスト (Amethyst)

blog035
アメシストのご紹介です。

透明度が高い淡い藤色は、水晶の色変種の中で最高品位と評価され、

古代より世界各国でお守りや飾り物として使用されてきました。

名前の由来は、ギリシャ語の酒に酔わないという意味の、Amethystosが語源になっています。

古代ローマ時代では酒に飲まれないようにアメジストで作った杯で酒宴を楽しんでいたといわれ、

お酒からだけではなく、邪悪なものを遠ざけ、人生の悪酔いを避ける高貴な石とさてれいました。

古代エジプトでは装飾品や魔除けとして、ユダヤでは祭司の胸当てに飾られ、

チベットでは仏陀に捧げられ、キリスト教世界では「司教の石」として

全員がアメシストの指輪をはめていたといわれています。

特に日本では、聖徳太子が定めた「冠位十二階」で最高品位の色とされ、

日本人に特に好まれていた天然石として伝えられています。

8db2bbcf9ab68ecd410989b

和名では紫水晶と呼ばれ、2月の誕生石としても有名なアメシスト。

結晶系は三方晶系で硬度7のクォーツの仲間の一種です。

明るく華やかな藤色は、微量の鉄とアルミニウムの混合物が天然放射線を受け、変色するためです。

美しく紫色に輝くアメシストは、水晶の中で大変人気がある宝石で、ジュエリーとして身につけると、

肌色に艶やかなアクセントを添えてくれます。

高貴な色を表す紫色をしたアメシストは霊性の高い石とされ、マイナスのエネルギーを浄化し、

プラスのエネルギーを与える効果があります。

第六感を活性化させ、創造性や直感力を高め、「愛の守護石」とする天然石の一つとして、

大切な人との心の絆を深め、真実の愛を守り抜く強さを育むともされます。

美しい紫色の輝きとその優しい波動から、高ぶる感情を静め、不安を取り除き、

傷ついた心に癒しと安らぎを与えてくれるでしょう。

想像力や、潜在能力を引き出し、自分自身の中に隠されていた能力、魅力を最大限に引き出す手助けをしてくれます。

また古代から、瞑想の為に最適な石と言われています。

浄化方法としては、水、月、お香、水晶クラスターが適しています。

特に、月光浴が最も良いとされています。熱や光に弱いという性質を持っているので、直射日光の強い場所に置いたり、

長時間の外出で日光にさらしすぎてしまうと、変色してしまう可能性があります。

blog054 blog053

blog037 blog036 blog038

当店でも、透明度が高く艶やかな紫色のアメシストをご用意しています。

是非、一つとして同じものがない、自分だけのアメシストを見つけてみて下さい。

http://crystalelementstone.com


ムーンストーン (Moonstone)

blog018
ムーンストーンのご紹介です。

古代から世界各地で、柔らかく幻想的な月の輝きを閉じ込めた石として大切にされているムーンストーン。

古代ギリシャでは、ギリシャ語の「セレーネ」(月)を語源とする「セレニテス」と呼ばれ、

ヨーロッパでは「旅の石」とされ 、家族は安全と幸運を願い、

旅立つ人の手にムーンストーンを握らせたという習慣があったと伝えられています。

古代インド人は、「聖なる石」と呼び、聖職につく者は必ず身につけたり、月は豊穣を司るものだとして、

豊作を祈る祭りに用いられたり大切に扱われてきました。

近年では、アールヌーボー(1900年前後にヨーロッパを中心にした、国際的な装飾美術の様式)の時代に、

宝石職人に大変人気のある石でした。

431.html

ムーンストーンと月の関係は、世界各国の伝承の中で伝えられています。

古代ローマの科学史を語る上で欠かすことのできないプリニウスの「博物誌」の中にも、

ムーンストーンを「月の満ち欠けに従って、形が大きくなったり小さくなったりする」

といった月の力を秘めた石としての記述がみられます。

未来予知の石として、満月の際にムーンストーンを口の中に入れると未来が見ることができるという逸話も残っています。

ムーンストーンは長石の鉱物であり、硬度6~6.5のカリウムとアルミニウムの珪酸塩から成り立っています。

blog020

結晶系は単斜晶系及び斜方晶系になります。

名前の由来は、青白い光を放ち、その光が月の満ち欠けによって表情をかえることから、月の石とつけられました。

ムーンストーンというのは宝石の名前で、鉱物名ではありません。

長石類の中で、シラー(柔らかく幻想的な光の効果)を見せるものを総称して、ムーンストーンと呼びます。

青色と白色の光沢は、月光のようなゆらめく光を映し出します。

濃い青色のシラー効果のあるものは、「ブルームーンストーン」と呼ばれ、希少性が高くなります。

blog019

欧米では恋人に初めて贈る宝石として「恋人たちの石」と親しまれ、月は女性らしさを象徴することから、

持ち主の心に大きな愛情をもたらしてくれるといわれています。

また、インドでは、結婚生活に調和をもたらすということから、結婚の際の伝統的な贈り物でもあります。

優しい光の色合いが、持つ人の心を穏やかで優しい気持ちにさせることから、

うつ、ノイローゼなどの心の病にも高い効果が見られます。

「新たな始まり」の石であり、直感力を高め、感受性を豊かにすることで、持ち主の潜在的な能力を引き出してくれます。

太陽神経叢のチャクラの上に置くと古い感情のパターンを取り除くとされています。

浄化方法としては、塩に弱いので、クラスター(水晶)や月光、お香による浄化が適しています。

blog055 blog057 blog056 blog058

blog021

当店でも、透明度が高く、青白い光沢を放つムーンストーンをご用意しています。

是非、一つとして同じものがない、自分だけのムーンストーンを見つけてみて下さい。

http://crystalelementstone.com


ラリマー (Larimar)

blog011

ラリマーのご紹介です。

名前の由来は、1974年にドミニカ人の宝石商ミジェール・メンデスが、

太陽がきらめく美しい海のような色合いを持つ石を、

娘「ラリッサ」と海を意味するスペイン語の「マール」を組み合わせて「ラリマー」と名付けられたと言われています。

比較的新しい鉱物であり、カリブ海に浮かぶドミニカ共和国のみで産出されることから、

埋蔵量が少なく、希少性が高い天然石になります。

正式な鉱物名は「ブルーペクトライト」と言います。ペクトライトは白・黄・緑・青・ピンクなど様々な色がありますが、

涼やかな深い水色の綺麗なものだけドミニカ共和国だけで産出され、ラリマーと呼ばれ宝石となります。

産出国であるドミニカ共和国では、古来より「ドルフィンストーン」として慕われてきました。

日本でも「愛と平和の守護石」として、大変人気の高い天然石となっています。

blog061

ラリマーは曹灰針石の一形態であり、硬度4.5~5のナトリウムとカルシウムの珪酸塩で形成されています。

青空浮かぶ雲のような白色に、カリブ海の涼やかなエメラルドグリーンの海をそのまま映し出したような模様は、

見るものの心を爽快な気持ちにさせる美しさです。

スギライト、チャロアイトと並ぶ世界三大ヒーリングストーンの1つであり、

どこまでも青く広がっていく美しい海のように、

誰であろうとも分け隔てなく優しく迎え入れる愛と平和を象徴する天然石です。

この石自体のエネルギーはとても優しく、大らかで穏やかなものなので、どのチャクラに対しても恩恵をもたらす石です。

創造性やインスピレーションを高め、流れに任せて進むことを促し、落ち着きと均衡をもたらしてくれるでしょう。

心の奥に隠された怒りの感情をしずめ、素直で優しい言葉や態度を引き出し、

豊かな人間関係を導いてくれると言われています。

浄化方法として、クラスター(水晶)や月光、お香による浄化が適しています。

blog008blog009
blog060

blog010
blog059

当店でも碧い空と海の色を持つラリマーをご用意しています。

是非、一つとして同じものがない、自分だけのラリマーを見つけみて下さい。

http://crystalelementstone.com